全国美容用品商業協同組合連合会
2018.1.1
「2018年 年頭所感」
全国美容用品商業協同組合連合会 理事長 須山裕二
新春を迎えまして、謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。
また、日頃は全美商連の運営に関しましても、業界関係各位の皆様には、多大にご協力を賜りまして、心より感謝申し上げます。
2018年の干支は、「戊戌:つちのえいぬ」、ふたつの“土”の組み合わせです。
五行という考えでみると、“土”は四季の移り変わりの象徴となり、つまり季節の変わり目が“土”の意味するところだそうです。この変わり目というのが、2018年は重要になりそうですね。これまでのルールや慣習にこだわらないで、新しい動きが生まれる年であると思います。
今、世の中では時代の転換点を迎えており、いろいろなところで既存の秩序が揺れ動き、一方で新たな潮流が生まれつつあるように感じます。こうした潮流は、将来のビジネスに大きな期待を抱かせます。変化をしっかりと見極めて、競争を勝ち抜いていかなければなりません。
私どもの美容業界でも同様に、お客様の集客方法やニーズ、あるいは雇用環境等、いろいろな改革が求められています。求人に関しても、2018年、2020年問題と言われ、学生の数が激変し始め、求人の困難さがさらに顕著な問題となってきました。これからは、美容師、ネイリスト、アイリスト、レセプショニスト、ママさん美容師、時短社員、パート社員等、様々な働き方を希望する人材を活用できるサロン環境も、重要な要素になってくるのではないでしょうか。
お店の看板である名称も、商圏も客層も、一つ一つ違う環境だからこそ、まずは、それぞれが出来ることを始めるべきではないでしょうか!
私ども全美商連では、本年6月に第8回のアジアビューティエキスポを開催いたします。すべての美容に関わる人々が主役になれるイベントを目指し、“ALL STARS”を大会のテーマに掲げています。今までにない試みとしてタブロイド判の「プレガイドブック」もいち早く「ALL STARS 01」として11月末に発行し、全美商連会員ディーラー全員が全国の美容サロン様や美容業界の関係各位の元へお届けしております。もちろん、美容関連団体各位のご協力もいただき、美容業界が一丸となることにより、その繁栄と発展につながると信じ、美容業界の素晴らしさを皆様と共有できるイベント開催となるように準備しております。開催当日には、たくさんの方々にご参集いただけますようにお願い申し上げます。
美容業界全体としても大きく改革・変革に取り組まなければいけない転換点の中、当連合会としても美容業界発展のために、一体となって改革に取り組む活動に関わっていく所存でございます。
「戊戌」は、60年周期の節目となる良い期間であり皆様が思い切って変化を求めることで、実り多い年となりますことを祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。
2017.1.1
「2017年 年頭所感」
全国美容用品商業協同組合連合会 理事長 須山裕二
 2017年の新春を迎え、謹んで年頭のご挨拶を申し上げますとともに、旧年中は、全美商連の諸事業等に関しまして、関係各位の皆様には多大なるご支援ご協力を賜り、心より御礼申し上げます。
 昨年の経済は、全体的にアベノミクス効果で、穏やかに景気回復が継続している内容のニュース報道が多く感じられましたが、社会環境の変化が激しい年となり、いまだに回復の実感がつかめていない状況だと思います。
 日本の総人口は、2010年に1億2806万人でピークを迎え、以降、減少傾向にあります。生産年齢人口もこれからますます減少していく反面、高齢者人口は増加していき、人口動態による変化に伴い、社会構造やお客様の意識が大きく変化していく中で、この変化にしっかりと先を見据え、対応していかなければなりません。特に今年は、市場動向をさらに留意すべき1年になると思われます。
 私どもの美容業界でも、少子高齢化、人口減少等の問題はもとより、職業選択としての若い美容師の方々のなり手が減少しており、サロン経営にもはっきりと人手不足の影響が出始めております。業界全体として、社会保険の加入問題を含め、より良い雇用環境づくり等、魅力ある業界づくりの取り組みが早急に求められ、経営面でも客数増によるビジネス拡大路線から、客単価アップによる生産性重視による新しいビジネスモデル作りが求められています。
 今年、当連合会では、2018年6月に開催いたします第8回アジアビューティーエキスポに向けて、その準備を本格的に進めてまいります。すべての美容に関わる人が主役になれるイベントを目指し、“ALL STARS”をコンセプトに掲げています。
 今までのアジアビューティーエキスポの流れを継承しつつ、「この先の美容」そして「この先の美容業界像」を垣間見ることができ、「新しいビジネスのヒント」を見つけられるエキスポ本来の考え方を根本からもう一度見直していきます。
 そして、全美商連の組織・運営の在り方を、しっかりと未来を見据え、組織強化を最重要課題の一つとして、組織内改革を全組合員一丸となって取り組んでまいります。
さらに関連各位の皆様とも連携し、業界を取り巻く環境の変化にしっかりと対応していく所存でございます。
 結びに、本年が皆様にとって実り多い年となりますことを祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。
                 
2016.12.13
ホームページリニューアルしました。
全美商連事務局